つらい社内ニートから抜け出す3つの方法

職場にいながら仕事をしていない、与えられていない人のことを「社内ニート」と呼びます。

窓際族とも呼ばれますが、社内ニートとなってしまう原因には、
・能力が期待値よりはるかに低い。
・仕事を与えてもやらない、やる気がない。
・職場からの嫌がらせ(パワハラ)

基本的には本人に問題があって起こる現象です。
これらのつらい社内ニートから抜け出すためには3つの方法があります。

まず1つ目は実力で評価を勝ち取る。
評価が低いから社内ニートになってしまっているわけで評価を勝ち取るために実力をみせるのが一つの方法です。

2つ目は部署異動する。
該当部署との相性の問題もあります、部署を変えるだけで世界は変わります。
また仕事も変わるため、あなたへの評価も高くなる可能性はありますが、これまた実力次第です。

そして3つ目は転職する。
別の会社へ移れば社内ニートから抜け出すことは可能です。
また、仕事も十分に与えられていないため、転職活動も比較的やりやすいというメリットもあります。
ただし、部署異動と同じく転職先でも評価されなければ同じ轍を踏む羽目になります。

以上が社内ニートから抜け出す方法です。
結論、本人の自覚と努力次第で抜け出すことは容易ですが、その気がないから社内ニートになっていることもあり得ます。

一生社内ニートとしてやっていくことはほぼ不可能なのでどこかのタイミングで岐路に立つのは間違いないでしょう。

参考:辛い社内ニートから脱出する3つの方法【転職前後にすべきこと&面接対策も解説】