みなし残業制度のメリットについて労働者目線から解説。

「みなし残業制度」とは、固定残業時間とみなし残業代を設ける制度。

例えば、固定残業時間が20時間、みなし残業代が50,000円の場合。
月の残業時間が10時間だったとしてもみなし残業代の5万円は一律支給されます。
そして固定残業時間の20時間を超える場合は、別途時間外労働として割増賃金が支給されます。

このみなし残業制度の企業側のメリットは管理コストの削減。
残業時間を個別に計算し、残業代の支給する手間が省けるため管理コストが減ります。

そして、労働者側のメリットは残業時間にかかわらず一律の残業代が支給される点。
つまり、早く帰れば帰るほどお得、生産性向上に繋がるのが最大のメリットとなります。

これは労働者側だけのメリットではなく企業にとってもメリットです。
生産性が向上すればより質の高い仕事ができて、経営の健全化に繋がります。

なので、みなし残業制度のメリットは労使双方にあると断言できます。

しかし、それでも時間外労働の残業代を支給しないなどのブラック企業は存在します。
みなし残業制度を導入しているのに残業代を支給しないのは違法です。

まずは、しっかりみなし残業制度の理解から始めましょう。
そして、ブラック企業にであったら即転職することをおすすめします。

参考情報にもある通り、おかしい働き方を強要する企業は多くあります。
失敗しない転職活動となるように慎重かつ適切な活動が求められます。

参考:【おかしい!】みなし残業なのに残業しないで早く帰るのはおかしいこと?