セラミドを与えて保湿!肌を乾燥から守ろう!

保湿とはどういうことを言うのかご存じでしょうか?
このことを分かっていないと、どれだけスキンケアを頑張ってもずっと肌は乾いたままに…しっかりと保湿のことを知っておきましょう。
保湿は水分を与えるものと思いがちですがそれは誤りで、肌の水分を維持する(保って維持する)スキンケアのことを指します。
ここで例として、土を肌だと想定してみてください。
土に水をかけることは保湿になりません。
土には保水力がありませんから、どれだけ水を与えても流れ出てしまいますよね。
ですから、水持ちの良い土に変える必要があります。
これはスキンケアでも同様のことが言えて、単に肌に水を与えることは保湿ということにはなりません。
保水力のあるセラミドなどを与えて、肌の状態を良くすることが保湿ということになります。
上手に保湿を行って保水力のある肌にすれば、水分が蒸発しやすい湿度が30%以下の空気の中でも肌が乾燥しないようにすることができるのです。
保湿成分はセラミドの他にもヒアルロン酸などがあって、美容液や保湿クリームに多く配合されています。
でも、いざ使ってみようと思ってもセラミドやヒアルロン酸の入った商品はたくさんあるので迷ってしまいますよね。
そんな時は、スキンケア商品の口コミレビュー記事を参考にするといいでしょう。
ちなみに、セラミドは食事から飲料からは増やすことができないので、手軽にセラミドを補うにはセラミド入りの美容液や保湿クリームを使うのがベストです。
また、酵素洗顔などで角質ケアをすれば、徐々にセラミドを増やすことができますよ。
肌の水分や油分は年を重ねるごとに減少していきますから、普段からしっかりとスキンケアを行って肌の状態を整えるようにしましょう。