幼児の新しいことを吸収する力は驚異的

幼児にとって、苦痛ではなく、楽しいこととしてとらえられるなら賛成です。

幼児はじっとしていなくて、何かといえば、騒ぎ、動き、散らかして汚すものです。かえって、じっとしている方が苦痛なのかもしれません。

それならば、歌ったり、ゲームをしたりして、かれらにとって、遊びの一部として楽しいこととして、英語に親しむのもありだと思います。

英語は世界中で使われる言語なので、いくつから勉強を始めても遅くはないし、覚えることは山ほどあるから、早くに始めるに越したことはありません。

とはいえ、多くの人は、中学や、大学受験で英語に苦戦して、苦手意識を持ってしまいます。

その前に、単語や会話を多少なりとも覚えておくということは、将来彼らの身を助けることになるかもしれません。
英語の早期教育のメリット

国際感覚を養える:幼児なりに興味を持ち、「これは英語では何というのだろう」と考え始めるかもしれない。講師が外国人ならば、「どこから来たの?どんなところなの?」と外の世界のことに興味をもつかもしれません。

苦手意識が軽減される:幼児期に英語に親しんだ経験が多少なりとも中学、高校、大学受験の英語学習の助けになるかもしれません。

先入観なく英語に親しむことができる:幼児なので、新しいことを吸収する力は驚異的だと思います。

英語の早期教育のデメリット

子どもを時間的、身体的に束縛する:幼児にとって、興味がなければ苦痛になりかねません。

勉強を強いる:中学や、受験の英語学習が大変だからといって、なにもこの時から勉強をしなくても…と思います。
コチラ