転職するきっかけは

F 8 H 車は現実世界でも火花を散らすことになったもしやこの名刺入れは名刺を入れるとその会社にまつわる未来の出来事が明子に現れるそんな不思議な名刺入れなのでは。
私は名刺入れをしげしげと見つめたこの名刺入れを上手く使えば他社の動向を探ることが可能かもしれないその事を訪問先の会社の応接室で考えていた時扉が開いて取引先の上役が顔を出した。
いやお待たせしていえとんでもないです私はそう言いながら名刺入から自分の名刺を取り出したしかし私が取り出した名刺は手の中でほろっと崩れをしてしまった。
いかがされましたか家申し訳ありません私はそう言いながら急いで別の名刺を取り出したしかし取り出した名刺はまたしてもポロッと崩れをしてしまうそれはそう例えるならばはいのように。
私は大変 メールですが名刺を切らしてしまいましてその場はなんとか取り繕った取引先から自社へ帰る道すがら私は来るべき転職活動へ思いを馳せたのだった。